2015年04月05日

子供の教育ローン

こんにちは!
アルルホームズの生頭です。


今日は、お子様の教育ローンに関してのお話。

先日、友達と・・・
『もう、今年も4月になったね〜』

『月日が経つのって早いね〜』

なんて何気なく話していて、フッと

そういえばアルルホームズに新卒で入社して
もう4月で丸5年か!!
と、気づきました。

自分も5年前までは大学生だったのかー!と
あのころが懐かしい・・・・。


と言うわけで教育ローンですが、
大きく分けて3つの選択肢があります。

@日本政策金融公庫融資(国の教育ローン)
A民間の教育ローン
B日本学生支援機構(奨学金)


この3つの中で
@、AとBでは大きな違いがあります。

それは・・・・・。

@、Aは親が借りる
Bは子供自身が借りる
です。

@、AとBでは、えらい違いがありますね!



それでは、B奨学金について少し掘り下げて行きます。
奨学金は実際に学生時代に利用されている方も
多いかと思いますが

H.24年度の日本学生支援機構の調査によると
大学生の52.5%が何かしらの奨学金を利用
しているみたいです。

この奨学金を利用されている方の中で一番多く
利用されているのが日本学生支援機構の奨学金です。


内容に関してですが、
第一種奨学金(無利子貸与)と
第二種奨学金(有利子貸与)があり、
学校の成績や親の収入などの条件があります。

当然ですが、無利子の第一種に比べ
有利子の第二種のほうが審査は緩やかになります。

ちなみに第二種は在学中は無利息ですが
卒業後から年3%、返済期間12年〜15年程度で
利用になります。


また、奨学金は日本学生支援機構以外でも、
地方自治体、民間育英団体・公益法人や
大学独自で設けているところもあるようです。
各新聞社が行っている『新聞奨学生』なども有名です。




以上、今日は教育ローンのお話でした。



それでは(><)ノ




アルルホームズ 生頭









施行事例 モデルハウス予約 プレゼント
posted by アルルホームズ at 15:58 | Comment(0) | アルルホームズ しょうちゃん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。